現実を見る

将来どうやって収入を得て生活していくのかに早く気づかないと親が死んだ時には遅い。家があるからと安心してると修繕費で死ぬ、、、。それよりもお金が無い。家庭を持ちたければ持てば良い。自由に生きたければそうすれば良い。全ては今、自分の作って居る原因がやがての結果として返って来るのだから。「人を見るなよ、人は人なり。」ってね。男女共に経済的に厳しくなるから結婚しないのでは?共働きなら何とかなると昔の私は思ってた。いや、今でもある程度そうなのでは?食べさせてもらおうとか家事をやってもらおうとか思ってるうちは難しいないわけじゃなくて、来てもらえなかったというのが正しいね。家事育児介護を日本で女に生まれてしまっただけで押し付けられる。その鬱憤を子どもや嫁にぶつける。そうなる位なら「売れ残り」のままで構わない!働くのは嫌いだけど、嫌いなものを夫に押しつけて専業主婦とかできないし、かといって仕事も家事も家族分できるスーパーウーマンになれる自信はないから、独身がいい。

眞野 真二と草木 晴彦のつぶやき